« ふたたびご協力のお願い | トップページ | 被災地におけるドラム缶風呂設置・運用ノウハウまとめ »

活動ご報告 【東日本大震災被災地支援─あたため隊】

このブログを見た東松島市の方から支援要請があり、4月9日土曜日、またドラム缶風呂五本を東松島市川下地区センター避難所へと運びました。

応援、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。happy02

今回お寄せいただきました応援メッセージ多数、集まった募金は合計218口(218,168円)にもなりました。

また、今回は株式会社リバース東京の渡邊社長とプロのセラピストの皆様にも「あたため隊」として現地に同行していただき、避難所の方々への足湯やリフレクソロジー、ボディケアなどの施術をしていただきました。

さらに支援物資として、
 株式会社メトス様より、タオル
 株式会社SeaAroma様より、足湯用アロマオイル
 株式会社環境科学様より、業務用入浴剤
 北陸健康センターアラピア様より、タオル
 個人の皆様より、タオル、石鹸、生活雑貨など多数

をお送りいただきました。

本当にありがとうございます。

東松島市川下地区センター避難所では、現在40人ほどの方々が避難生活を強いられており、さらに7日の余震によって再び断水状態にあります。

3_2

移動して自衛隊のお風呂に入浴に行くことができた方もいらっしゃるようですが、避難所にはお風呂がなく、ほとんどの人が何日も入浴できない生活が続いています。

地元の方々と協力してドラム缶風呂を設置し、早速お湯を沸かしました。

1

2

その間にもセラピストの皆さんは施術を開始。

0

お湯が湧くとアロマオイル入りの足湯。

Ashi

そして一番風呂の人。「湯加減最高!」といっていただくことができ、嬉しかったです。

4

7

東松島市川下地区センター避難所近くを流れる吉田川や鳴瀬川には津波で流されてきた木材がたくさんあり、燃料には不自由しません。

6

震災から1ヶ月が経過しますが、沿岸部に行くと、まだ津波で破壊された状態のまま、ほとんど復旧作業は進んでいません。この震災で多くを失ってしまった方々の気持ちを思うと、言葉がありません。

8

弊社の力だけではたいしたことはできませんが、皆様から寄せられる善意の力が合わさって、だんだんと大きな動きになってきていることを感じます。

引き続き、私たちにできることがあれば、ひとつひとつ、やっていきたいと思います。

これからもどうかよろしくお願い申し上げます。

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  通販サイト(浴場市場): http://www.yokujoichiba.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  お待ちしております! https://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

|

« ふたたびご協力のお願い | トップページ | 被災地におけるドラム缶風呂設置・運用ノウハウまとめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/51359959

この記事へのトラックバック一覧です: 活動ご報告 【東日本大震災被災地支援─あたため隊】:

« ふたたびご協力のお願い | トップページ | 被災地におけるドラム缶風呂設置・運用ノウハウまとめ »