« ドイツ視察2日目(続きの続き) | トップページ | 塩にまつわる話(ドイツ視察4日目) »

2010 ドイツ温浴施設視察3日目

ドイツ視察3日目

Dscf6152

 朝、シュツッツガルト駅前のホテルをチェックアウトしてから、大きな荷物だけ預かってもらい、雨の中interbad 2010の会場へ。4年前に来た時はデュッセルドルフの会場でしたが、今回はメッセ。

interbadというのは、温浴(お風呂ではなくプール、サウナ、スパ)をテーマにした世界最大級の展示会で、ドイツで二年に一度開催されています。

日本でも温浴関連の展示会が増えてきましたが、スケールでは比較になりません。世界の温浴マーケットの大きさを感じることができます。

Dscf6156_2

違うのはスケールだけではありません。温浴というテーマを深く追求するという点でも、日本はまだまだ遅れている部分がたくさんあることを思い知らされます。

少し写真を撮りましたので、ご覧ください。

Dscf6157 Dscf6163

 上の写真は、大手サウナ設備メーカーKLAFS社の展示ブースです。サウナの中にアロマを加えることは当たり前になっています。サウナベンチには座り心地が良いように絶妙なカーブがついています。これらも、日本ではまだまだ一般的にはなっていません。

下の写真は、同じくKLAFS社のブースにあった、音と香りと光と揺れによるヒーリング効果を追求した設備。どうやって商用化するのかは分かりませんが…。(モデルが私でスミマセン)

Dscf6179

他メーカーのサウナストーブで面白いものがありました。仰々しい仕掛けですが、自動ロウリュ装置です。ロウリュ(ドイツではアウフグースと呼びます)も、もはや常識です。

Dscf6177

下の写真はおしゃれなオブジェかと思ったら、インハレーション(吸引療法)設備でした。インハレーションによる健康改善効果についても、ヨーロッパではかなり研究が進んでいます。

Dscf6173

おぉ、アヒル(RubberDuck)の種類がこんなに!さすが!

Duck

という感じで、大いに刺激と感銘を受けた展示会だったのでした。

展示会場を後にすると、午後はひたすら移動。ミュンヘン、ザルツブルグ経由で温泉保養地バードライヘンハル(Bad Reichenhall)へ向かう。(続く)

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: https://aqutpas.co.jp/
  通販サイト(浴場市場): https://www.yokujoichiba.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  お待ちしております! https://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

« ドイツ視察2日目(続きの続き) | トップページ | 塩にまつわる話(ドイツ視察4日目) »

海外の温浴事情」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 ドイツ温浴施設視察3日目:

« ドイツ視察2日目(続きの続き) | トップページ | 塩にまつわる話(ドイツ視察4日目) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ページ上部の「タイトルのみ表示/タイトルと概要を表示」をクリックすると、記事リストが表示されます。


フォト

Ads by Google

  • Ads by Google

アクトパスのFaceBook!

  • いいね!押してね!

twitter

お問い合わせ

  • 温浴ビジネスに関する各種ご相談、お問い合わせは株式会社アクトパスまでお気軽にどうぞ!
    お問合せはこちら>>>


    【講師派遣】
    講演会・研修会・セミナー開催をご検討中の皆様はお気軽にお問合せください。
    お問合せはこちら>>>

小冊子「温浴施設開業の基礎知識」

  • 温浴施設開業の基礎知識

    温浴施設を開業するにあたって絶対に知っておいてほしい超重要項目をまとめた小冊子(PDFダウンロード\1,100)です。